シアリスの分割利用と食事による影響

第三世代の薬であるシアリスは、従来までの薬に比べて食事の作用を受けにくくなっています。
注意したいのは、全く食事の影響を受けないとはどこにも書いていない、ということです。通常程度の食事の影響は受けないということで、目安は800kcalです。食後でも影響を受けにくいとは言われていますが、薬の成分を早く染み込ませるためには、食前に飲むのがベターです。
シアリスは効果持続時間が約36時間と長めに設定されているので、食前に飲んでゆっくりしても余裕があります。飲み方の一例としては、食事の2時間前にシアリスを飲んでおいて、食事から3時間くらい経ってから性行為を行うという感じです。
どうしても食後に飲む場合には、できるだけ脂っこいものは避けて、あっさりしたものにしておきましょう。満腹だと吸収率が下がってしまうので、腹七分目くらいに抑えておくと良いです。そして食後2時間くらい経ってから飲むようにしましょう。
アルコールを飲みすぎると、神経伝達が悪くなって、性的刺激が伝わりにくくなる可能性があります。勃起力が極端に低下して薬の効果が減じてしまうこともあるので、飲みすぎには注意しましょう。
シアリスを長期間服用することで体に交代ができて効きにくくなることはないですが、シアリスには有効成分10mgと20mgがあり、どちらもほとんど値段が変わらないので、分割して飲むと費用負担を軽くすることができます。
手で割っても良いですが、分割したいならばピルカッターという錠剤を分割するための道具を使ったほうが良いです。ピルカッターは薬局などで販売されていることもありますが、見つからないならばネット通販でも入手することができます。