シアリスの服用のタイミング

シアリスは日本の厚生労働省に承認された勃起不全症(ED)治療薬の中では最も新しい薬です。
シアリス以外に日本の厚生労働省に承認を受けているED治療薬としてはバイアグラ、およびそのジェネリック医薬品(シルデナフィルクエン酸塩)、レビトラの2種類です。
これらはいずれも同じ作用機序でEDに対して効果を示す薬です。これらの薬はホスホジエステラーゼVという酵素を阻害します。
このホスホジエステラーゼVは血管に存在し、血管平滑筋の弛緩を誘発させるサイクリックGMPの分解酵素です。
つまりホスホジエステラーゼVを阻害することによってサイクリックGMP量が増加し、血管平滑筋が弛緩し、血管の内径が拡張するのです。
これが陰茎部において起こると、海綿体への血液流入量が増え、勃起が起こりやすくなります。こういったメカニズムでED治療薬は効果を発揮するのです。
シアリスには服用のタイミングに特徴があります。
シアリス以外のバイアグラ(シルデナフィルクエン酸塩)とレビトラは性行為の1時間前の服用が推奨されています。
服用後30分程度で効果が現れ始めると言われています。
しかしシアリスはこれらとは異なり、性行為の3時間前の服用が推奨されます。これはシアリスがバイアグラやレビトラと比較して、消化管吸収速度が遅く、有効血中濃度に達するまでに時間を要するためです。
しかしシアリスには食事のタイミングに関係なく服用のタイミングを決めることができるという利点もあります。
バイアグラやレビトラの場合には食事の影響で勃起効果が不十分となってしまうこともあり、食後2時間以内の服用は推奨されていません。よって食事を気にせずとりたい場合にはシアリスの方が使い勝手がいいでしょう。