肥満が原因の勃起不全は痩せてシアリスで解消しよう

勃起不全に悩んで夫婦生活や恋人とうまくいかずに悩んでいる人は多いことかと思われます。

勃起不全が起こる原因は、精神的ストレスからくる心因性のものや、加齢によるもの、病気やけがによって勃起不全になる場合がありますが、最近特に多いのが器質性EDです。

器質性EDも勃起不全の一つであり、30~70代に最も多い原因とされているもので、生活習慣により高血圧、糖尿病、動脈硬化などの病気を引き起こすことによって勃起不全に陥ることが考えられます。

特に、生活習慣病の中でも肥満は勃起不全に非常に関連性が強く、あまり化で行われた大規模な調査によると、BMI値が高くなれば高くなるほど勃起不全になりやすくそして悪化すると改善しにくいという結果が出たようです。

確かに、男性も30代に入るとやせ形の体形から徐々に太ってくる傾向にあり、女性のように美容やスタイルを気にして痩せない限りは外食や味付けの濃い食事が好きな男性はあっという間に太ってしまうことが考えられます。

肥満が助長することでさらに勃起不全になるという悪循環を止めるには、やはり意識して痩せることが必要になってきます。

少しでも体重を落として痩せることで勃起不全が解消するのであれば肥満が原因だったと考えられます。

しかし、痩せることをしても勃起不全が改善しない場合には、シアリスのような勃起不全改善薬を使用するのも一つの手段と言えます。

シアリスは、従来のバイアグラやレビトラとは異なり、食事に左右されることなく服用後36時間の有効性が認められていて、薬効が切れる前にセックスを終わらせなければいけないという焦りもなく、また服用のタイミングも考える必要がありません。

精神的にもプレッシャーを感じることなく自然体で挑めるので、肥満を解消しても勃起不全が改善されない場合にはシアリスの使用をおすすめします。